ペット仏壇・仏具の専門店として、10年間以上、延べ8万人以上のペット供養のお手伝いをしてきた「ディアペット」が、
ペットの火葬や葬儀、ペット供養、ペットロスなど、ペットの旅立ちにまつわることを、専門店ならではの視点でお伝えします。

ペット仏壇・仏具の専門店として、10年間以上、延べ8万人以上の供養のお手伝いをしてきた「ディアペット」が、火葬や葬儀、供養の仕方など、ペットの旅立ちにまつわることを、専門店ならではの視点でお伝えします。

ゴールデンハムスターちゃんが虹の橋を渡りました 死別体験記  ~あいすくりーむ様の場合~

ペット 死別体験記

埼玉県にお住まいのあいすくりーむ様よりお寄せいただいた
ゴールデンハムスターちゃんとの死別体験記です。

前日まで飼い主の私から見ても元気でした。
いつも通りの量の餌を食べ、いつも通りに回し車をガラガラと回していました。

だけど、大晦日の日。
突然ハムスターが弱りはじめました。
歩くのも困難で這いつくばっていて、目も虚ろ。何となく毛並みも薄くなっていました。
もう死期が近いのだと感じました。

そして、元日。1月1日。
朝、ハムスターを見に行くと、冷たくなって死んでいました。
体温もなにも無かったので、早いうちに天国に逝ったのだと思いました。
その日はショックが大きすぎて一日中泣いていたと思います。
現実が受け止められなかったんです。
いつも自分に笑顔を届けてくれるハムスターがいなくなっただなんて。
なによりも信じたくなかった。
また一緒に遊びたかった。手のひらに乗せてフサフサの毛並みを撫でたかった。
だけど、現実は受け止めるしかありません。
これが現実なんだ。人間も生き物もいつかは死ぬ。永遠なんてないんだと。

今度逢えた時には「ありがとう」と感謝を伝えたいです。

■皆さまのエピソードをお聞かせください■
投稿は【こちら】から