ペット仏壇・仏具の専門店として、10年間以上、延べ8万人以上のペット供養のお手伝いをしてきた「ディアペット」が、
ペットの火葬や葬儀、ペット供養、ペットロスなど、ペットの旅立ちにまつわることを、専門店ならではの視点でお伝えします。

ペット仏壇・仏具の専門店として、10年間以上、延べ8万人以上の供養のお手伝いをしてきた「ディアペット」が、火葬や葬儀、供養の仕方など、ペットの旅立ちにまつわることを、専門店ならではの視点でお伝えします。

ペットの棺 どこで買う?必要?

ペット供養の豆知識,ペット葬儀・ペット火葬

大好きで、大切だからこそ辛く悲しいペットの旅立ち・・・。

最期は、きちんとお見送りしてあげたいですよね。

ペットロスを少しでも軽くするためにも、
ペットの葬儀、火葬についてよく考え、
納得のいくお別れをすることは大切なことです。

ここでは、ペットの棺についてお話しますね。

【ペットの棺は必要?】

ディアペットとしては、ペットが亡くなった後、人と同じように最低でも1晩以上は一緒に過ごしてほしいと考えています。

蘇生の可能性もありますし、ペットが亡くなったショックで冷静に物事が判断できず、
火葬施設を適当に選んでしまったり、納得のいく別れが出来ない可能性もあるためです。

そんな時、棺があれば、きちんと寝かせてあげて、旅立ちの準備ができます。
棺にお布団を敷いて、お花やお手紙、お気に入りのおもちゃやごはんを一緒に入れてあげましょう。

愛するペットだからこそ、やっぱり棺は用意してあげたいですよね。

しかしながら、注意しなければいけない点があるのも事実です。

棺は、火葬施設によっては一緒に火葬できないこともあります。

これは、遺骨をきれいに残すためだったり、火葬炉の仕組み上の問題や、安全衛生上の理由もあり、
一概にサービスが悪い、ということではありません。

もし火葬施設が決まっているなら、事前に確認をしておくか、
一緒に火葬出来ない場合には自分で処分する(自治体の指定に従う)ことに決めて、
棺を用意したら良いでしょう。

【ペットの棺、どこで買う?】

ペットの棺は、ホームセンターやペットショップで売っていることはほとんどありません。

ペットの旅立ちの時、あまりのショックで、何も考えられないというのは自然なことですし、
あれこれと探し回るよりも、お家でゆっくりネットショップで探すしても良いですね。

また、ペットメモリアルの専門店ディアペット各店(東京・大阪・名古屋・さいたま)でも取り扱っていますので、
お急ぎの場合には店舗にご相談くださいね。

また、立派な棺でなく、段ボール箱を棺と見立てて、
かわいく装飾してあげるのもひとつの手です。

火葬施設から段ボールに入れてくるように指示されることも多いので、
きれいな段ボール(これは、ホームセンターなどで購入可能です)にお布団を敷いて、
お花を飾って・・・としてあげれば、それもまた愛のこもった立派な棺です。

【最後に】

ペットの旅立ちは、本当に辛く悲しいことと思います。
ですが、そのように感じるのは、それだけ愛情が深いということだと思います。

泣きたいときはしっかりと泣いて悲しみを感じながらも、
その愛をペットちゃんに伝えてあげてくださいね。

心のこもったお別れで、
お気持ちが届きますように祈っています。