ペット仏壇・仏具の専門店として、10年間以上、延べ8万人以上のペット供養のお手伝いをしてきた「ディアペット」が、
ペットの火葬や葬儀、ペット供養、ペットロスなど、ペットの旅立ちにまつわることを、専門店ならではの視点でお伝えします。

ペット仏壇・仏具の専門店として、10年間以上、延べ8万人以上の供養のお手伝いをしてきた「ディアペット」が、火葬や葬儀、供養の仕方など、ペットの旅立ちにまつわることを、専門店ならではの視点でお伝えします。

ネザーランドドワーフちゃんが虹の橋を渡りました 死別体験記  ~S.K様の場合~

ペット 死別体験記

大分県にお住まいのS.K様よりお寄せいただいた
ネザーランドドワーフちゃんとの死別体験記です。

亡くなる3ヶ月程前に、足にしこりができました。
病院に連れて行くと、腫瘍と言われ、全身麻酔をして切除しないと、
悪性か良性かは判断できないと言われました。
11歳の高齢だったので、良性であることを祈り、手術をしない選択をしました。
それでも元気な日々を送ってくれていたのですが、だんだんと寝ている時間が多くなりました。
そして亡くなる一週間ちょっと前に食滞を起こしてしまい、
病院で処置してもいつもの様に回復しませんでした。
完全に歩けなくなり、一人で食事もトイレもできず、
6日目くらいには野菜ジュースを口に含ませるのが精一杯でした。
7日目の夜に、お迎えが来たように月が綺麗に輝いていて、苦しそうなうさちゃんに、
もう無理しなくていいよ。お月様綺麗だよと言って一緒に寝ました。
次の日の朝、急に痙攣を起こし息を引き取りました。
悲しくて途方にくれました。
そんなときディアペットさんを見つけて、クッションをオーダーしました。
月が出た夜は抱きしめて夜空を見ています。
月を見ると、うさちゃんの神様が守ってくれている気がして心強くなります。
また会える日を願っています。

■皆さまのエピソードをお聞かせください■
投稿は【こちら】から