ミニチュアダックスフントちゃんが虹の橋を渡りました 死別体験記  ~キキさまの場合~

福岡県にお住まいのキキ様よりお寄せいただいた
ミニチュアダックスフントちゃんとの死別体験記です。

いつも家族の中心にいた愛犬をなくして4週間が過ぎてしまいました。
私にとっては妻との仲を取り持つてくれたり、子供達にはいい遊び相手になったり、特に高齢の母にはセラピー犬のように、いい思い出をたくさんいただきました。
何度も近くの仏壇屋さんに足を運びましたがまだまだペット用が少なく落ち込んでいました。ディアペットさんを知り、商品の多さには驚きました。
お位牌も仏壇も期待以上の商品が届き感動致しました。そして何より感動したのが同包されていました、カタログのなかの虹の橋の話には又泣いてしまいました。送っていただいた商品を大切に使わせて頂きます。
スタッフの方、ご親切な対応ありがとうございました。

猫ちゃんが虹の橋を渡りました 死別体験記  ~猫好きママさまの場合~

長崎県にお住まいの猫好きママ様よりお寄せいただいた
猫ちゃんとの死別体験記です。

令和元年24日0時45分に天国に旅立ちました!
真奈に会ったのは、行きつけの美容院でした!
私がヘアーカラーをしているときに椅子の下にきてじゃれたの見て可愛いと思い、猫は飼った事無かったけど、家にとりあえず連れて行きました!
その頃長男がおばあちゃんを亡くしたばかり学校行ったかと思ったら行ってなかったり、過呼吸になったりと不安定になっていたところに、真奈を連れて帰ったので息子が喜んで飼いたいと言い、ちゃんと学校にも行くことを約束して飼うことなりました!
その後は野球したり特に問題なくなりまなは救世主でした!
それから長い間みんなにも愛されて幸せに暮らせてたのに、急に不幸はやってきました!
12歳の時、しこりが腹部に触れるため病院に行ったら乳癌を指摘されました。
年齢もあったのですが、一応手術をする事にしたのですが、麻酔で呼吸停止がおき、再度抑制をして手術を挑戦したのですが麻酔で又呼吸停止きて結局手術はできませんでした。
今思ったら手術をしなかったので3年も長く生きられたと思います!
乳癌になってからは2週間に一回の抗生剤の注射と自壊してからは1日2回の処置が必要になりました、
真奈も嫌がる事も無く受け入れてたのですが、最後の方はきつかったのかとても処置するのも嫌がってました。
排膿や出血があるので色んなものがも汚れたりと大変でした。
真奈の傷につかない物を使用し出来るだけ出血をしない物を使用したりなど色々着せるものなどにもかなり気をつけました。
一年前からは膀胱近くにも癌が転移し自壊してからはまたまた、大変になりました!
でも最後までトイレで排泄もしました。亡くなる1週間前からは食事ができなくなり、水だけ頑張って飲んでました。
4月までは、家に私が帰って来たら走って玄関に迎えに来てくれたのに、動くのも呼吸がきつそうで寝ていても呼吸が荒く余り寝れていない様子でした。
亡くなる日は特にじっとしておられないほど身体が痛かったのだと思います!
そういう姿を見てもう、真奈ちゃん頑張らんでいいよって言うとその1時間後に亡くなりました!
でも死ぬ10分前までどうにか水も飲んでくれました!
亡くなる時は最後の力を出し私に死ぬ姿見せたかなかったのか、窓の方に行ったのですが、私の方にまた戻ってくるとか出窓からソファに飛んだ時バタと倒れてそのまま亡くなりました。
15年というと猫では長生きですがもっと生きて欲しかったです!
最後は旦那さんと次男と私三人で個人葬儀で見送りました!
長男と長女は東京だったので手紙に書く内容をメールで送ってもらい私も次男も手紙を書き真奈に持たせました。
本当真奈に会えて最高でした!
真奈ほんとうに15年間癒しをありがとうございました。
またいつか絶対会えますように。

 

うさぎのロップイヤーちゃんが虹の橋を渡りました 死別体験記  ~みるく大好きさまの場合~

愛知県にお住まいのみるく大好き様よりお寄せいただいた
うさぎ(ロップイヤー)ちゃんとの死別体験記です。

みるくとの出会いは2016年3月ホームセンターで一目惚れでした。
うさんぽへ行ったり、部屋んぽでは、プップッと言いながらボールを追っかけてました。2019年3月末から、急に食べなくなり最初の病院に行き、様子を見てたら、うんちも少ししかでなくなり、4月中旬に違う病院に行き、歯の根っ子に膿が溜まってるって事歯も伸びてるって事で麻酔をかけてけずりました。
しばらく点滴をして、様子を見る事に。そしたら、左のアゴがポッコリしてきました。膿が溜まってるとの事。
完治する見込みはないと言われ、どうするか色々考えてたけど、パンパンに腫れてきたので、又違う病院へ。
最初からその病院がいいと分かってはいたものの、遠いので避けちゃてました。
ちょっと前に同じ手術をして元気になった子がいると聞き。
手術を決心しました。
見てもらった時も、麻酔もせず、針でグリグリ穴を開け膿をだしてもらいました。
だしても、だしても、でてくるうみ。
2日後手術当日預けて家に帰りました。
手術が終わったら、電話がくると言われ。無事終わったと夜電話がありました。
次の日から毎日面会に行きました。
手術は2時間かかったとの事で、膿が2箇所あったみたいです。
手術から6日後退院をしてきました。
そしたら次の日、ご飯も食べずまるまって動かなくなり次の日ねや昼病院へ連れてったら、今すぐICUで酸素管理しないと死んでしまうとの事で、又入院をさせました。血液検査の結果肝機能の数値が悪く覚悟しといてくださいといわれ、
毎日面会へ行き、大好きだった小松菜、人参、セロリを持っていきました。入院3日目後2.3日しかもたないかもといわれました。
野菜は食べるけど、チモシーやペレットを食べなかったのでだんだん痩せていってるのが目に見えて分かりました。入院5日目面会に向かっている時病院から電話があり、亡くなりましたとの事でした。
最後まで野菜を食べてくれてました。生きようと頑張ってくれてました。
お家へ連れてきて、次の日にお別れ会をしました。
最期は大好きだった、チモシー、人参、小松菜、セロリ、モモ、りんごを入れました。