ペット供養祭には行くべき?何をするの?

ペット霊園やお寺などで時々耳にする「ペット供養祭」。

慰霊祭や法要などの言い方もありますが、
実際にはどんなことをするのでしょうか。

また、供養祭には参列したほうがいいのでしょうか。

今回はディアペットで行っている供養祭を例にしながら、
お話をしていきますね。

ディアペットでは、東京本店2Fのセレモニールームを使用して、
毎月2種類の供養祭が開かれています。

①虹の橋みんなの供養祭
②お位牌開眼供養

この2つです。

1つ目の「虹の橋みんなの供養祭」は、どんな方でも参列できる供養祭です。
たとえば1周忌や3回忌などの節目の方はもちろん、特別な節目でなくても供養することができます。

つまりは「追善供養」と呼ばれるもので、ペットちゃんが旅立った後にする供養として、すべての方に向けた供養祭になっています。

2つ目の「お位牌開眼供養」は、その名の通りお位牌を開眼(かいげん)するための供養祭になります。

開眼というのは、魂を入れること
お位牌は魂を入れて初めてペットちゃんそのものになります。
本来、お位牌がある方は行うべき供養でもあります。

供養祭では何をするの?

ディアペットの供養祭の場合は、動物が大好きで動物供養にも詳しい僧侶をお招きし、読経、焼香、法話をしていただいています。

この時間はペットちゃんを心から偲び、感謝を伝える時間です。

普段からお線香をあげたり、ペットちゃんを想う時間を設けている方も多いかとは思いますが、なかなかきちんとしてあげられていない・・・という方にも、
大切にしていただける時間になっています。

皆さん、涙なしには居られないのが普通です。
もし涙が出ても気にすることはありません。
その涙もまた、僧侶の読経に載せてあたたかな想いとして届くはずです。

ペット供養祭には行くべき?

仏教で考える「供養」からすると、もしきちんとしてあげたい、想いを伝えたいと思うのであれば、供養祭に参列することをおすすめしています。

ディアペットの供養祭はどちらで火葬等をされた方でもご参列いただけますが、
お世話になったペット霊園やお寺などで開かれているようでしたら、
ぜひそちらでも参列を検討されてください。

ただ、供養祭に参列しなければ供養にならない、供養ができないと思ったら、それは間違いです。

お空に想いを馳せ、在りし日を思い出すことや、写真を眺めて懐かしむこと、
お骨壷をぎゅっと抱きしめることもまた、供養のひとつです。

あの子がお空で元気に楽しく過ごすことを願い、
この世にいる私たちもまた笑顔で過ごすことを誓い、
あの世とこの世の幸せを祈ることが供養なのではないでしょうか。

大切なのは、ペットちゃんを想う気持ちを、どう形にするか。
その方法のひとつが、ペット供養祭と言えるでしょう。

■ディアペットの供養祭についてくわしくはこちら

ペットロスにならないためにはどうしたらいいの?

ペットと生活をしていると、どうしても訪れる最期の時・・・

大切だからこそ、大好きだからこそ、重く、辛いのが「ペットロス」。

今回は、どうしたらペットロスにならないのかを考えていきます。

 

どうしてペットロスになるの?

どうしたらペットロスにならないか、を考える前に、

「どうしてペットロスになるか」、その原因を考えてみましょう。

ペットロスの方のお話を伺っていると

✓生前の後悔
✓別れの後悔

がとても大きいことがわかります。

ペットが亡くなって、悲しい・辛い・涙が出るのは当たり前。それはとても自然なことです。
それを一層重く、苦しいことにしているのは「後悔」という感情だと思われます。

 

では、どうしたらペットロスにならないの?

ペットロスの原因として考えられる一つに「後悔」があると申しましたが、その後悔を少しでも減らすようにするのが有効でしょう。

そのためには、次の3つが大切です。

✓命には限りがあることを理解する
✓どういう最期を迎えるのが良いか、考えておく
✓弔い方を検討する

詳しくみていきましょう。

 

命には限りがあることを理解する

私も、ペットも、必ず死を迎える日が来ます。

当たり前のことではあるのですが、ついつい、かわいい我が子を前にすると、そのことをすっかり忘れてしまいます。
中には本気で「うちの子は死なないから」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

そのお気持ちは痛いくらいよくわかりますが、命には絶対に終わりがあります。
決して目を背けてはいけません。

まずはしっかりと、「うちの子もいつか死ぬのだ」ということを理解してください。

すると、たちまち「今、生きていること」「一緒に居てくれること」が尊いものだと思えませんか?

いま、この時間を大切に過ごし、「後悔」の種を減らすような暮らしをしていきましょう。

どういう最期を迎えるのが良いか、考えておく

死を理解することとも似ていますが、たとえば病気になった時、どこまで治療をするのか、最期まで闘うのか、安楽死はありなのか、なしなのか・・・。

これは、答えのない問いですし、いざそうなってみないとわからないこともあるでしょう。考えも変わるかもしれません。

それでも、いま元気なうちだからこそ考えておくことで「もっとこうしておけば」「あの時この治療を選べば(選んでいなければ)」という後悔が、少し減るかもしれません。

弔い方を検討する

ペットロスで苦しんでいる方の中には、「もっときちんと送り出せばよかった」「毛を残しておけばよかった」など、弔い方で後悔をしている方も多いもの。

いざ亡くなると焦ってしまい、良く調べもせずにネットで出てきた安そうなところに火葬をお願いしてしまったり、あとから立派な霊園があることを知って後悔したり・・・。

自宅近くにはどんな霊園やお寺さんがあるのか、移動火葬車はどうか、葬儀はあげるのか等々、弔いについてもしっかり調べておきましょう。

いま、人も「終活」をする時代です。ペットは自分では調べられませんから、飼い主であるわたしたちが、しっかりと考える必要があるでしょう。

最後に

残念ながら、絶対に「ペットロスにならない」という方法は「ペットを飼わない」ことしかないかもしれません。

でも、あの子が居てくれた人生と、いない人生、どちらが幸せだったかと問われれば、答えは明らかなのではないでしょうか。

ペットロスのお友達に最適なお悔みギフトは?何を贈る?

ペットが亡くなり、ペットロスで悲しんでいるお友達がいたら、
何かしてあげたい・・・と思いますよね。

お悔みの品を贈ろうと思っても、いざ何を選べばいいか迷うもの。

今回は、10年間で延べ80000人のペット供養・ペットロスのご相談を伺ってきたディアペットだからこそお伝えできる、ペットロスの方へのお悔みギフトをご紹介します。

1.定番:お花

お悔みといえば、お花。
ペットロスの方で、お花をいただいても嬉しくない・・・という方は聞いたことがありません。
まだご遺体がお家にある場合には、一緒に火葬することもできます。
すでにお骨になっていたとしても、ペット供養の場にお供えしていただけるでしょう。

ペット向けのお悔みの場合、仏花を贈る方は少なく、生前のペットに合わせてかわいらしいアレンジを贈る方が多いように思われます。

ただし、元気なペットがお家にいらっしゃる場合には、少し注意が必要です。
たとえば、猫にとってユリは猛毒ですので、贈らないようにしましょう。

最近は生花だけでなく、プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーを贈る方も多いようです。その場合には、長持ちする分、飾る場所を選ぶ可能性もあります。飼い主さんのお好みやペットの雰囲気に合うものを選ぶとより喜ばれます。

▼お花はこちら
https://pet-inori.com/SHOP/64429/160819/list.html

2.お線香

こちらもお悔みの定番ともいえるお品、お線香。
失礼のないように贈りたい方には特におすすめです。

ただ、ペット供養がまだ身近ではないこともあり、
仏具を持っていないという方もいらっしゃるかもしれません。
あくまでも気持ちを伝えることがお悔みの贈り物でもありますので、
あまり気にすることはありませんが、心配であれば、小さなお線香立てなどもセットでお贈りすると親切かもしれません。

▼お線香はこちら
https://pet-inori.com/SHOP/77063/85201/list.html

3.スイーツ

お悔みにクッキーは意外かもしれませんが、実はとても喜ばれます。
ペットロスになると、食欲がなくなり、元気もなくなります。
甘いものはすぐにエネルギーになりますし、癒しの時間を届けることもできます。
何を贈ればいいか迷う・・・という場合には「消えもの」でもあるスイーツはおすすめですよ。

▼クッキーはこちら
https://pet-inori.com/SHOP/f00dp15.html