ペットの終活 するべき?何をする?

最近話題になっているのが「ペットの終活」。

人の終活では、先に遺影を撮っておいたり、納棺の体験をするなど、かなり進んでいるのをご存知でしょうか。

こんなに元気で、愛おしい子たちの終わりなど考えたくない・・・

という方も多いかと思います。

それでも、大事な家族。人と同じように終活をすることも必要ではないでしょうか。

 

ペットの終活①
どんな最期を迎えるか

命あるものの終わりをいつ迎えるかは、誰にもわかりません。
事故や急死などの場合もあるかと思いますが、終活においては長生きしてくれた場合をしっかり考えておきましょう。
どの程度まで治療をするのか、緩和治療をするのか、病院に任せる・自宅で看取る、安楽死は検討の範囲なのか・・・
命の終わりに後悔が残ると、後々のペットロスにも影響が出てきます。
充分に考えておきましょう。

ペットの終活②
どう弔うのか

自宅の近くのペット火葬業者やペット霊園を調べてみましょう。
いざとなったときにお願いできる、信用できる業者さんでしょうか。
基本的には、どの業者さんも親切で良い業者さんかと思いますが、あわてて適当な業者さんに頼んでしまったと後悔する方もやはりいらっしゃいます。
できれば事前に見学をしておき、万一の時にはどのようにすればいいかというところまで確認しましょう。

ペットの終活③
今を大切にする

命は生まれてから、ゆるやかに死に向かっていきます。
これは、すべての命において平等です。
生と死は、絶対に一度しか経験できないことであり、だからこそ尊いのです。
二度と取り戻すことのできない時間をいつくしみ、毎日傍に居てくれることに感謝し、快適な生活を提供してあげることもまた、終活のひとつと言えるのではないでしょうか。

ペットの終活を終えて、ペットの旅立ちを経験した方から話を聞くと、皆さん一様に「もっと〇〇してあげればよかった」とおっしゃいます。
そう思うことのないように、今この時を大切にしていきましょう。

ペットの終活に大事な3つのこと

ペットを飼うときは、一緒に暮らせることの喜びが勝ってしまい、命に限りがあることを知りながらも、見て見ぬふりをしてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ディアペットも、ペット博などの元気なペット達のイベントに出展することがありますが、

「うちの子は死なないから」
「死ぬことなんて考えたくない」

と、おっしゃる方が多いのも事実です。

しかし、ペットの寿命はわたしたちよりも短いのです。
ほとんどの飼い主が、ペットの見送りを経験することになります。
まずはそのことを現実のものとして理解することが、ペットの終活の第一歩です。

・犬の平均寿命 10~13年
・猫の平均寿命 14~16年
・うさぎの平均寿命 5~10年
・ハムスターの平均寿命 1~3年
(ディアペット調べ)

ペットの死期は、事前にわかることもあれば、突然訪れることもあります。
それは、我々人間に置き換えても同じことが言えるでしょう。

・平均寿命に近づいてきた
・大きな病気にかかった
・食が細くなった、食べない
・水を飲まない
・目の輝きがなくなってきた
・動きが少ない、隠れる

このような兆候が見えたときには、残念ながらお別れの時が近いかもしれません。

いざその時が訪れると落ち着いて行動が取れなくなり、十分なお別れができずに後悔する方も多いのです。

そこで、少なくとも以下の3点は決めておきましょう。

1.どこで火葬をするか(公営?私営?移動火葬車?霊園?お寺?ねど)
2.火葬した後、お骨をどうするか(埋葬?自宅供養?など)
3.連絡すべき人(動物病院、グルーミングサロン、お友達など)

ペットの終活は、飼い主がしてあげられる最後のお役目です。
我が子らしいお見送りとはどんなものなのか、元気なうちにしっかり考えておきたいものですね。

さいたま市の公営火葬について

ディアペット本社があるさいたま市では、大宮聖苑で公営火葬を行っています。

故人の火葬(一般火葬)のほかに、小動物火葬も行っており、
飼い主がさいたま市民でお骨を持ち帰る方を対象」としています。
※さいたま市HPより
http://www.city.saitama.jp/001/008/001/p001654.html

今回、弊社社長の愛兎・ララの旅立ちにあたり、
大宮聖苑での火葬について感じたことやわかったことをお伝えします。

電話で事前予約を

大宮聖苑では、前日までに電話予約が必要です。
ララは亡くなった当日に電話しましたが、混雑しているとのことで、
約1週間先の日にちとなりました。
さいたま市の場合、1体ずつの火葬で、1日4回とのこと、時期によってはそれよりも長く待つこともあるようです。

火葬の前に準備すること

お電話口の女性は、とても丁寧で、こちらの悲しみを理解してくれているようでした。かつ、手際よくわかりやすく説明をしてくれました。

・遺体は段ボールに入れること
⇒HPには木箱も可能と書いてあることを聞くと、それでも良いとのこと。

・副葬品は少なめに
⇒お花やタオルなどは少しであれば可、プラスチックなどは不可。

・骨壷は自分で用意すること
⇒ただし、火葬してみないとサイズがわからないので注意が必要であることと、売店でも購入可能。

このような案内をしてくださいました。

火葬までの間に

まず、段ボールに納めるのではなく、ディアペットで桐製の棺に納め、毎日保冷剤やドライアイスをあてがい、保冷に努めました。

副葬品はあまり入れないようにとのことでしたので、火葬前はお花などを敷き詰めてかわいく、わが子らしくしましたが、火葬前に取り除くようにしました。

骨壷に関しては、おそらくサイズがわからないという理由で、事前に用意する方はほとんどいないのでは、と思いました。
兎は一般に3寸と言われており、事前にララの名前を入れた骨壷を用意し火葬に臨むこととしました。

実際に火葬して

故人の火葬炉とは別の炉ではありますが、設備がしっかりしており、お骨も白くとても美しい状態でした。
歯も選別できるくらい、きれいに残っています。
お骨壷は事前に用意した大きさで十分でした。

売店でもお骨壷を見せてもらいましたが、お値段はやや高め、故人に合うようなデザインが多く、かわいい動物に合うものは少ないように感じました。
骨壷の大きさは、確かに火葬してみないとわからないものではありますが、だいたいの検討はつきます。
また、仮の入れ物から移し替えることもできるので、お子さんらしいものを用意された方がいいのではないかと思いました。

総じて

さいたま市の火葬は、市で行っているものですので、大々的なサービスはありません。
棺やお骨壷は、後悔しないためにも、ぜひご自身で準備されることをお勧めします。

しかしながら、人と同じクオリティで火葬していただけますし、丁寧で安心感があります。お骨拾いもでき、きちんとお見送りをしてあげられたな、と思いました。