ペット供養祭には行くべき?何をするの?

ペット霊園やお寺などで時々耳にする「ペット供養祭」。

慰霊祭や法要などの言い方もありますが、
実際にはどんなことをするのでしょうか。

また、供養祭には参列したほうがいいのでしょうか。

今回はディアペットで行っている供養祭を例にしながら、
お話をしていきますね。

ディアペットでは、東京本店2Fのセレモニールームを使用して、
毎月2種類の供養祭が開かれています。

①虹の橋みんなの供養祭
②お位牌開眼供養

この2つです。

1つ目の「虹の橋みんなの供養祭」は、どんな方でも参列できる供養祭です。
たとえば1周忌や3回忌などの節目の方はもちろん、特別な節目でなくても供養することができます。

つまりは「追善供養」と呼ばれるもので、ペットちゃんが旅立った後にする供養として、すべての方に向けた供養祭になっています。

2つ目の「お位牌開眼供養」は、その名の通りお位牌を開眼(かいげん)するための供養祭になります。

開眼というのは、魂を入れること
お位牌は魂を入れて初めてペットちゃんそのものになります。
本来、お位牌がある方は行うべき供養でもあります。

供養祭では何をするの?

ディアペットの供養祭の場合は、動物が大好きで動物供養にも詳しい僧侶をお招きし、読経、焼香、法話をしていただいています。

この時間はペットちゃんを心から偲び、感謝を伝える時間です。

普段からお線香をあげたり、ペットちゃんを想う時間を設けている方も多いかとは思いますが、なかなかきちんとしてあげられていない・・・という方にも、
大切にしていただける時間になっています。

皆さん、涙なしには居られないのが普通です。
もし涙が出ても気にすることはありません。
その涙もまた、僧侶の読経に載せてあたたかな想いとして届くはずです。

ペット供養祭には行くべき?

仏教で考える「供養」からすると、もしきちんとしてあげたい、想いを伝えたいと思うのであれば、供養祭に参列することをおすすめしています。

ディアペットの供養祭はどちらで火葬等をされた方でもご参列いただけますが、
お世話になったペット霊園やお寺などで開かれているようでしたら、
ぜひそちらでも参列を検討されてください。

ただ、供養祭に参列しなければ供養にならない、供養ができないと思ったら、それは間違いです。

お空に想いを馳せ、在りし日を思い出すことや、写真を眺めて懐かしむこと、
お骨壷をぎゅっと抱きしめることもまた、供養のひとつです。

あの子がお空で元気に楽しく過ごすことを願い、
この世にいる私たちもまた笑顔で過ごすことを誓い、
あの世とこの世の幸せを祈ることが供養なのではないでしょうか。

大切なのは、ペットちゃんを想う気持ちを、どう形にするか。
その方法のひとつが、ペット供養祭と言えるでしょう。

■ディアペットの供養祭についてくわしくはこちら

ペットの終活 するべき?何をする?

最近話題になっているのが「ペットの終活」。

人の終活では、先に遺影を撮っておいたり、納棺の体験をするなど、かなり進んでいるのをご存知でしょうか。

こんなに元気で、愛おしい子たちの終わりなど考えたくない・・・

という方も多いかと思います。

それでも、大事な家族。人と同じように終活をすることも必要ではないでしょうか。

 

ペットの終活①
どんな最期を迎えるか

命あるものの終わりをいつ迎えるかは、誰にもわかりません。
事故や急死などの場合もあるかと思いますが、終活においては長生きしてくれた場合をしっかり考えておきましょう。
どの程度まで治療をするのか、緩和治療をするのか、病院に任せる・自宅で看取る、安楽死は検討の範囲なのか・・・
命の終わりに後悔が残ると、後々のペットロスにも影響が出てきます。
充分に考えておきましょう。

ペットの終活②
どう弔うのか

自宅の近くのペット火葬業者やペット霊園を調べてみましょう。
いざとなったときにお願いできる、信用できる業者さんでしょうか。
基本的には、どの業者さんも親切で良い業者さんかと思いますが、あわてて適当な業者さんに頼んでしまったと後悔する方もやはりいらっしゃいます。
できれば事前に見学をしておき、万一の時にはどのようにすればいいかというところまで確認しましょう。

ペットの終活③
今を大切にする

命は生まれてから、ゆるやかに死に向かっていきます。
これは、すべての命において平等です。
生と死は、絶対に一度しか経験できないことであり、だからこそ尊いのです。
二度と取り戻すことのできない時間をいつくしみ、毎日傍に居てくれることに感謝し、快適な生活を提供してあげることもまた、終活のひとつと言えるのではないでしょうか。

ペットの終活を終えて、ペットの旅立ちを経験した方から話を聞くと、皆さん一様に「もっと〇〇してあげればよかった」とおっしゃいます。
そう思うことのないように、今この時を大切にしていきましょう。

ペットの終活に大事な3つのこと

ペットを飼うときは、一緒に暮らせることの喜びが勝ってしまい、命に限りがあることを知りながらも、見て見ぬふりをしてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ディアペットも、ペット博などの元気なペット達のイベントに出展することがありますが、

「うちの子は死なないから」
「死ぬことなんて考えたくない」

と、おっしゃる方が多いのも事実です。

しかし、ペットの寿命はわたしたちよりも短いのです。
ほとんどの飼い主が、ペットの見送りを経験することになります。
まずはそのことを現実のものとして理解することが、ペットの終活の第一歩です。

・犬の平均寿命 10~13年
・猫の平均寿命 14~16年
・うさぎの平均寿命 5~10年
・ハムスターの平均寿命 1~3年
(ディアペット調べ)

ペットの死期は、事前にわかることもあれば、突然訪れることもあります。
それは、我々人間に置き換えても同じことが言えるでしょう。

・平均寿命に近づいてきた
・大きな病気にかかった
・食が細くなった、食べない
・水を飲まない
・目の輝きがなくなってきた
・動きが少ない、隠れる

このような兆候が見えたときには、残念ながらお別れの時が近いかもしれません。

いざその時が訪れると落ち着いて行動が取れなくなり、十分なお別れができずに後悔する方も多いのです。

そこで、少なくとも以下の3点は決めておきましょう。

1.どこで火葬をするか(公営?私営?移動火葬車?霊園?お寺?ねど)
2.火葬した後、お骨をどうするか(埋葬?自宅供養?など)
3.連絡すべき人(動物病院、グルーミングサロン、お友達など)

ペットの終活は、飼い主がしてあげられる最後のお役目です。
我が子らしいお見送りとはどんなものなのか、元気なうちにしっかり考えておきたいものですね。